デッサンの練習やクロッキーはやったほうがいい?

DATE: 

絵を教えていると

「デッサンの練習は必要ですか?」「クロッキーはやったほうがいいですか?」

といったことを聞かれることがあります。

 

特に、自分で創作したキャラクターを描きたい方や

シンプルでちょっとしたイラストを描きたい方は気になる点かと思います。

 

水彩、透明水彩におけるデッサンやクロッキーの必要性

基準は「知っておいて損があるかどうか」

ここは「やらなきゃいけない」「必要か」という考えではなく、

「知っておいて損があるかどうか」で考えてみましょう。

 

そう、知っておいて損がなさそうなら、

好奇心をもってチャレンジしてみましょうということです。

 

デッサンの練習もクロッキーも

ちょっとしたものでしたら、少しの時間でできます。

 

10分しかないのなら、10分で描けるところまで描いてみる。

たとえば寝る前に5分間だけ時間をとってみる。

 

それぐらいだったらできそうですよね。

だったら、やってみればいいのです。

 

せっかく絵を描いているのです。

新しい世界や知らないことへの扉がいっぱいあるのですから、

ちょっとだけでも構いません、

好奇心をもって知らなかった世界をのぞいてみましょう。

 

「おためし練習」と考えれば気楽にのぞめます

チャレンジしてみるときは、固く考えずに

「おためし練習」と考えて気楽にのぞんでみましょう。

 

おためし練習なのですから、

まずはノートでもコピー用紙でも小さなクロッキー帳にでもいいと思います。

 

モチーフは机の上にあるもの、部屋にあるもの。

最初はできるだけシンプルなフォルムのものがやりやすいかと思います。

 

そうして実際にやってみると、いろいろな発見があります。

 

「思ったより描けるものだなあ」「んん?なかなか難しいぞ」

「ここはどうやって描けばそれらしくなったかなあ」

「これはどういう形のとり方をしたらよかったんだろう」

 

それはきっと、知っておいて損がないことです。

同時に、知っておきたいことも出てくるかと思います。

 

実際にやってみると

「思うように描けなかった、落ち込みます」という人も多いと思います。

 

でも、いいじゃないですか、新しい世界にふれることによって

今までみえていなかった、「足りなかったところ」がみえてきたのですから。

 

5分とか10分だったら、また時間がとれそうですよね。

おためし練習は、固く考えないのがキーワードです。

 

そう、深く落ち込んじゃダメです。

 

「おためし練習で受けた屈辱は、おためし練習で晴らす!」ぐらいのノリで

チャレンジしていきましょう。

 

そうして取り組んでいくと、気づいたときにはグッと上達してる自分に

出会えることと思います。

 

絵というのはきっと地続きです

ディフォルメ(ディフォルメーション、ディフォルマシオン)というのは、

もともとはリアルがあってこそのものです。

 

(ものの本質をつかんで簡略化していったものが、

もともとのディフォルマシオンです)

 

ディフォルメ専門で描きたいという人も、

そのおおもとであるリアルを知ることで、ディフォルメに存在感が出ます。

 

「やらなきゃいけない」「必要か」で考えるのではなく、

知っておいて損がなさそうなことは、知っておく。

この考え方はすごく大事だと思います。

 

今、壁にぶつかっていると感じている方は特にです。

好奇心をもってぜひぜひ。

 

 

【関連記事】

水彩初心者さん必見!挫折しない考え方

水彩技法「ウェット・イン・ウェット(ウェット・オン・ウェット)」について

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑