透明水彩について~絵の具の話2~

DATE:  LAST UPDATE:2015/07/04

水彩・透明水彩の絵具(絵の具)は色も種類も多く、

値段もピンからキリまであって、いざはじめようと思っても、

どれがいいのかわからないという人も多いかと思います。

 

わたしたちもそうでした。本当に迷いました。実に難しい。

透明水彩&水彩イラスト、絵の具について

考え方としては、手で描くものですから、

「自分で触って確かめる、体感して知っていく」。

これがいちばんだと思います。

 

ですが、これではあまり答えになってないと思いますので

たとえば、こんな買い方はどうでしょう。

 

水彩・透明水彩 こんな買い方はどうでしょう

1・キレイだと思う色や、好きだなあと思う色をいくつか買ってみる。

2・描きたいものをイメージして、使えそうな色(使いたい色)を探してみる。

3・最初からセットになったものを買う。

 

画材店などが近くにあって、絵の具をバラで買える環境にある人は

いつでも買い足しができる1か2がオススメです。

好きな色、キレイな色で塗るのって、本当にたのしいです。

 

どんな色がいいのかわからないという人や

画材店などが近くになく、

通販ぐらいしか購入の手段がないという人(わたしたちもです)は

3が便利でよいかと思います。

 

いろいろなものが描けそうな色が揃っているので、

とってもうれしくてモチベーションがあがります。

 

水彩イラストを少ない色数で

↑使ったのは2色だけ。どちらも好きな色です。

 

透明水彩の絵具(絵の具)セットについて

わたしたちの経験上、最初にたくさんの色が入ったセットを買うよりも、

そこそこの数のセットにしておいて、あとから必要な色を

バラで買い足していくほうがよいと思います(オススメ!)。

 

水彩絵の具のセットには

使わない(使いにくい)色もけっこう入っていたりしますし、

あまりにたくさんの色数のものを最初から買ってしまうと

使いどころがわからないまま眠ってしまう色も出てきたりします。

 

透明水彩 わたしたちの色の買い方

今のわたしたちは、おもしろい映画や本を探すような感覚で

いろいろな色に興味を持って探しています。

 

「この色おもしろそう!」「この色は感動的になりそう!」といった感じで、

字にするととってもまぬけなんですけど、色探しもエンターテイメントです。

 

では、今回はこのへんで。今日もたのしみましょう。

 

【関連記事】

はじめての透明水彩 絵具は高いものを買ったほうがいい?

はじめての透明水彩 まずは絵具の話から

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑