透明水彩「何色で塗っていいのかわからない」そんなときは。

DATE: 

水彩をはじめたばかり方が、よく口にすることの1つに

「何色で塗ったらいいのかわからない」というものがあります。

 

透明水彩 混色について

水彩の入門書などをみると、混色の重要性は分かるけれど、

そもそも何色で塗ったらいいのかわからない」という

シンプルな疑問を持つ方も多いようです。

 

なるほど、水彩の入門書などをみると、

モチーフの写真と作例の色が違うことが多々あります。

 

そういう色はどういう発想でつくっているのか、

なぜその色にしているのかわからない、というわけです。

 

……というか、ぶっちゃけた話、

説明が書いていないとわからないですよね(汗)。

 

はじめのうちは

「何色で塗ったらいいのかわからない」という方は、

オリジナルの色を無理に作ろうとするよりも、

まずは実物と同じような色をつくることを目指してみましょう。

 

たとえば、実物のりんごをモチーフに描くとします。赤っぽいりんごです。

 

赤っぽいですから、まずチューブから出したそのままの赤色と

りんごを比べてみましょう。……ちょっと違いますよね。

 

じゃあ、実物に近づけるにはどうしたらいいでしょう。

そう、ほかの色を混ぜる、です。いわゆる混色です。

 

混色してみましょう

実物のりんごは、絵具の赤と比べて、明るいか暗いかをみてみます。

赤に何色を足したらそれっぽくなりそうでしょう。

これは確信でなくて構いません。想像や予想でOKです。

 

少し黄色っぽい赤?ちょっと青みがはいった赤?しずんだ感じの赤?

 

実物と比べながら、混ぜる色や配分を変えながら

モチーフに近くなるように色をつくってみます。

 

もちろん一発でつくる必要はありません。

練習ですから何度でも試してもOKです。

 

色ができるたびに実物と見比べながら、近い色になるようにつくっていきます。

そうそう、最初のうちは、混色は3色ぐらいまでにしておきましょう。

 

自分の手でつくって覚えていく

こうして作っていくと、実物に近い色が自分の手でできます。

 

そして、この色は「りんごっぽい色」なのですから、

別の「ちょっと色の違うりんご」をモチーフに描くときも

その色を使えば、ちゃんとりんごにみえます。

 

人から見たら「実物とは違う色を使っているけれど、本物っぽいよ!

どういう発想でこの色はつくったの!?」というわけです(笑) 。

 

そう、オリジナルのりんご色としても使えちゃうのです。

 

また、色をつくっていく中で、

本物とはちょっと違うけれどいい感じの色もできていることと思います。

 

これもあなたのオリジナルのりんご色として使える可能性が高い色です。

 

実物に近い色を作ろうとしただけで、オリジナルのカラーもできてしまう。

色に迷っている方は、この方法はオススメ!です。

 

透明水彩の色づくり

 

水彩の入門書を持っている方は

「何色で塗ったらいいのかわからない」という方は

「実物に近い色をつくる」まずはここを目指してみましょう。

 

よくわからないまま、なんとなく色を作るよりも、

いい色ができますし、使える色ができます。

 

こうして色ができたら、入門書を持っている方はみてみましょう。

すると、何も知らずに入門書を読んだときとは違って

発見がたくさんあると思います。

 

「こんな色の作り方もあったんだ」「こういう意味で書かれていたんだ」

「この方法は知っておくべきかも」「ベースに色をひくという方法もあるんだ」

などなど、理解度がより深まることと思います。

 

試してから見る、これも入門書の使い方です。

 

さあ、今日もたのしんで描きましょう。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

たのしさいっぱい♪透明水彩をはじめてみませんか

かわいいモチーフいろいろ♪たのしい透明水彩教室です。

水彩で絵が描けると、いろいろたのしめますよ~♪

絵の得意苦手は関係なし!はじめてさんも大歓迎の教室です。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【この記事を書いたひと】
Suisai Tribute Team (ryota&midori/Airy)

岐阜県大垣市で
たのしい水彩画&水彩イラスト教室を開催中♪
みなさんと描きたいもの、いっぱいあります。
>>read more

 

こちらもぜひどうぞ↓

midoriのインスタグラム~写真がいっぱいです♪~

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑