絵のたのしみ方いろいろ

DATE: 

絵のあるくらしをはじめると、毎日がとてもたのしくなります。

今回は、絵のたのしみ方のちょっとした例を紹介します♪

 

絵で記録する

水彩で絵日記

【毎日のバロメーターとして】

今日食べたものを絵日記にしていくと、毎日のバロメーターになります。

あ、今月は食べすぎだなとか、ちょっとおいしいもの成分が少ないなとか

読み返してみるといろいろなことがわかります。

 

【自分だけのお店ガイドをつくる】

外食が多い人は、食べたメニューを絵で記録するのもオススメ!

あとから読み返してみると、とっておきのお店ガイドのよう。

気になるお店を全店制覇など、夢がひろがります。

 

よい時間をすごす

たのしい透明水彩、水彩イラスト

【大切な時間のパートナー】

毎日がとても忙しい人は、短い時間でも絵をたのしむ時間をつくると

心も体もほっとリラックスできます。

家に帰って、スケッチブックを開く瞬間がとてもたのしみになります。

 

【すごしかたがかわる】

なかなか時間がとれないという人は、絵をたのしむ日を決めるのもアリ。

手帳に予定として、あらかじめ書き込んでおけば確実に時間をキープできます。

いい時間の使い方もできるようになって一石二鳥です。

 

つくる

よくわかる水彩画&水彩イラスト教室(岐阜・愛知・三重)

【マイグッズに囲まれるたのしみ】

絵を描くようになったら、マイグッズをつくってみるのもたのしいものです。

たとえば名刺。自分だけのオリジナル名刺が完成したときの喜びといったら!

オリジナル封筒をつくれば、いろんなチャンスで使えたり。

カレンダー、ステッカーなど作りたいものがいっぱい出てきます。

 

コミュニケーション

水彩でグッズをつくろう

【あそぶ】

「1分間で描く」など制限時間を決めて絵を描くと、ゲーム感覚でたのしめます。

5分間でいくつのものを描けるか、なんてチャレンジをするのもアリ。

何人かで競い合うと、たのしさが倍増します。

 

【みせる】

描いた絵を人にみせるのもたのしみの1つ。

まずは仲のいい人や家族など、身近な人にみせてみましょう。

家族は手厳しい評論家でもありますが、それ以上に

一生懸命描いたことをわかってくれる最大の理解者でもあります。

「また描こう」という気持ちになります。

 

【送る・交換する】

ちょっとしたメモやメッセージカードに手描きの絵をそえると

見た目ががらっと変わって、華やかでたのしい印象に。

相手も絵を描く人だったら、交換するのもたのしかったり。

 

水彩 ポストカード

どうですか、おもしろそうでしょ?

この記事は、絵を描くたのしさを少しでもお伝えできればと書きました。

絵のあるくらし、本当にたのしいですよ~♪

 

わたしたちはたくさんの方と、水彩教室で

水彩画、水彩イラストをたのしんでいけたらと考えています。

興味のある方はぜひどうぞ♪

 

毎月の教室についてくわしくはこちら↓

はじめてさんも大歓迎!よくわかる水彩画&水彩イラスト教室(岐阜)

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑