使いづらい水彩紙 こんな使い方も 

DATE: 

水彩紙は、メーカーや種類によってずいぶんと使い勝手が違います。

 

買ったはいいけれど、実際に描いてみたら「思っていた感じと違ったなあ」とか

「なんだか使いづらいなあ」とかいった紙もあることと思います。

 

使いづらいなあと思った水彩紙 こんな使い方も

ためしに描いてみて思うようにいかない紙があった場合、

わたしたちはこんな感じで使っています。

 

「これ描こう!」という絵が決まったら、同じ絵を

メインに使う紙と、思うようにいかなかった紙との両方に描いてみるのです。

 

描きあがった絵を比べてみます

そうして描きあがった絵を比べてみると、

「思うようにいかなかった紙」のほうにも、けっこうな確率で

「メインの紙にも負けない部分」や

「メインの紙とは違うけれど、いい味が出た部分」のあることがわかってきます。

 

そうなればもうけもの、わかったことをもとに

次は「どんな絵だったらその紙が生きるのか」を考えてみます。

(これがなかなかたのしい)

 

そうして浮かんだアイデアをノートに書いておき、いろいろと実験してみます。

 

このようにしていけば、水彩紙がムダになることなく、

たのしく使えますよ~♪

 

透明水彩、水彩画について 水彩紙の使い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑