水彩を通じていろいろな思い出を

DATE:  LAST UPDATE:2015/04/25

小さい頃、ともだちとお絵描きをすると、

すごくたのしかったことを覚えています。

 

なんだか1人で絵を描くのとは

違ったたのしさがあり、やたらとうれしかった覚えがあります。
お互い黙々とスケッチブックに向かっているだけなのに

一緒に描くということがなんだかうれしかったり、心地よかったり。

 

だれかと描くということは、もしかしたら1人で描くたのしさとは

また違ったたのしさに出会うことかもしれない。

 

それは大人になってからも変わらず、いや、

その感覚をはっきりと実感できるようになってきた気がします。

水彩画、水彩イラストを通じて思い出をつくろう

 

いろいろな思い出をつくりたい

わたしたちの教室が目指している要素の1つ

部活動、クラブ活動のイメージというものがあります。

 

水彩というものを通じて、

よく笑いよく学び、よく遊びみたいな感覚です。

 

熱く語るもあり、喜怒哀楽もあり、夢もあり。

青春の1ページを、なんていったら照れくささ爆発ですが(笑)、

「あの頃のたのしさを」的な思いも持っています。

 

部室に向かう道中や帰り道、

いろんなことを考えながら歩をすすめていく。

それもきっと思い出になっていって。

 

そんな感覚があるのも、リアル教室ならではかなあと思っています。

 

透明水彩でたのしい水彩イラスト。岐阜県大垣市で開催

 

大人になると、いろんなことが絡まって

なかなか無邪気に、まっすぐになんてことはしにくいと思いますが、

そういうことができる場所を

わたしたちはつくりたいと思っています。

 

 

絵、水彩なんていうと、構えてしまう方も多いかと思いますが、

それで敬遠してしまうのは本当にもったいないおもしろさが

透明水彩&水彩イラストにはいっぱいあります。

 

みなさんと描きたいもの、いっぱいあります。

どの月からでもはじめられる水彩教室、参加受付中です。

 

↓くわしくはこちら↓

よくわかる水彩画&水彩イラスト教室

よくわかる水彩画&水彩イラスト教室(岐阜・愛知・三重)

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑